thumb image

【第9回】オフショアの「海外積立投資」の仕組みと国内の「るいとう(累積投資)」との違いです。

こんにちは。河合です。

 

それでは「海外積立投資」の仕組みをご説明します。

まず9つのメリットをあげます。

 

・定額積立により計画的な資産形成ができる

・まとまった資金がなくても、中長期に渡り計画的に資産形成が可能(月額300ドルから積立可能)

・毎月定額を投資するので、誤ったタイミングでの投資リスクを排除(ドルコスト平均法)

・長期にわたる複利運用が可能に

・毎月自動的にクレジットカードから積立(VISA,MASTER)

・通貨の選択が可能(米ドル、ユーロ、ポンド、香港ドル)

・積立期間も1年単位で自由に設定(5年から25年)

・世界中の200本以上の優良ファンドから選択でき、ポートフォリオの変更も無料で自由にできる

・共同名義人を最大6名まで設定可能

 

そしてあなたが決めなければいけないのは、2つ。

 

1)毎月いくらを何年積み立てるか?

2)運用ポートフォリオをどうするか?

 

私の経験から言わせていただくと、皆さん1)はすぐに頭で描けます。

ご自身のお給料と、今のご年齢、将来の人生計画を考えていただければおのぞと決まるでしょう。

(ちなみに、金額の変更はいつでもできます。)

 

問題は2)です。

しかし、これも難しく考える必要はありません。

メリットにも書いたように、将来どのような相場になっても、いかようにも無料で変更ができます。

問題は「スタートする時にどうするか?」ですが、これは「年間何%の複利運用で運用していきたいか?」を私に言ってください。

あなたのご希望と、これからの相場を考えて、私が最適なポートフォリオをご提案します。

ちなみにご契約者の中で、最も多いのが、年間利回りの目標を10%として運用をされる方です。

新興国株式やヘッジファンド、コモディティ(商品)を中心にポートフォリオを組んでいます。

 

ではなぜ「積立投資」をわざわざ海外でやらなければいけないのでしょうか?

日本の証券会社にも「るいとう(累積投資)」と呼ばれる積立商品があります。

積立対象は株や投資信託(ファンド)です。 「違い」は4つ。

 

1)投資できるファンドの種類&パフォーマンス

これは見ていただいた方が早いのですが、200本というファンド銘柄数とその中のファンドのパフォーマンスは、オフショアには全くかないません。

 

2)外貨で積み立てることで、日本(円)というリスクを回避

外貨建てで積み立てることで、円安時のリスクを回避できます。 『オフショア投資』では、円資産とべつに大きな外貨資産(例えば米ドル)を持つことで、通貨のリスク分散を計ります。

 

3)クレジットカードから投資が可能

毎月銀行から引き落としではなく、クレジットカードからの引き落としにすることで、ポイントも貯められます。

 

4)共同名義の設定も可能

共同名義人を設定しておくことで、 あなたになにかがあった時に、ご家族の方が簡単に手続をすることができます。

 

もちろんこれらのメリットがある反面、必要となる費用(コスト)があります。

それはまた別のわかりやすい日本語資料を用意していますので、ご希望の方はこちらまでご連絡ください。

 

 

次回は、 あなたも気になる他の方の「投資事例」をご紹介します。

もちろんご本人に了解をいただき、本人と特定できる個人情報は伏せた上で、ご紹介します。

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

前の記事
【第8回】オフショアの「海外積立投資」をご紹介します。
次の記事
【第10回】新しくなった海外積立投資のボーナスキャンペーン(最低ボーナス:15万円)のお知らせです。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー