thumb image

【第151回】70代で米ドル建ての固定金利3.25%を1200万円された事例です。【東京都 年金受給者 70代前半 女性】

こんにちは。河合です。

本日は先日事例でご紹介した長野県開業医の方の叔母様が10万ドル(約1200万円)を海外の固定金利商品(3.25%)へされた事例をご紹介します。
高齢者ではありますが、5年満期なので、十分にされた方が良かったですね。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【東京都 年金受給者 70代前半 女性】

先日の事例を覚えてますか?
開業医の方で米ドル建て個人年金保険の10年満期30万米ドル(約3600万円)が来たから、それをそのまま海外の固定金利商品(3.25%)にされた事例でした。

※先日の事例はこちら

弊社保険アドバイザーBXがこの方の食事会に招いてもらい、家族ぐるみでお付き合いさせてもらっていました。
そこにいらしたのが、この方のお母様とその妹さん(叔母様)でした。

ちょうど先日の事例の通り固定金利商品を30万ドルするという話をしていたところ、この叔母様が

「じゃあ私もする。」

と言われたのです。
話を聞いてみると、多くの方と同じように日本の普通預金に金利もつかない状態で数千万円も置いたままとのこと。
日本円が安くなっている(円安)という話をするまでもなく、金利がつかないのに、何年も使う用途のない数千万円を置いたままというのは当然無意味です。

ということで、単純明快な米ドルで5年間毎年3.25%の固定金利がつくというこちらの商品に一緒にされました。

※5年固定金利商品(3.25%)についてはこちら

普通なら

「海外だから・・・」
「米ドルだから・・・」

と思考もなくただ不安になるご年齢です。
しかし現役バリバリの姪御さん(開業医の方)がされた決断に便乗するということも一つの選択でしょう。
今回はとりあえず10万ドル(約1200万円)でしたが、まだまだ日本円資産&低金利資産が多いので、毎年の利払いや5年後の満期が来たら、きっとまた追加でされることでしょう。

1000万円の3.25%の金利が5年間で162.5万円
3000万円なら487.5万円
当然もらっておいた方がいいですよね(笑)。

前の記事
【第150回】米ドル建て一時払い個人年金(10年満期)の満期金30万ドルで3.25%固定金利を始めた事例です。【長野県 開業医 50代前半 女性】
次の記事
【第152回】MRIインターナショナルに出資していた方が固い商品として選んだのが、海外積立投資でした。【東京都 パート社員 40代前半 女性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー