thumb image

【第143回】合計5300万円をオフショア投資されている方の事例です。【滋賀県 住職 40代前半 男性】

こんにちは。河合です。

本日は合計約5300万円をオフショア投資されている方の事例です。
今回、スイスプライベートバンクと迷って、結局オフショア資産管理口座を開設されました。

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【滋賀県 住職 40代前半 男性】

この方、いきなり5300万円を海外に送金されたわけではありません。
元々は2年ほど前500万円を投資されたのをはじめに、徐々に多くなっていって、更に円安ドル高もあり5300万円をオフショアで投資するまでになりました。

銘柄数にして6個のファンド。
そろそろバラバラで管理するのも大変になってくる頃ですね(笑)。
海外でも一括で管理できる口座を持ちたいということになり、スイスのプライベートバンカーと面談し、オフショア資産管理口座を比較検討し、最終的にはオフショア資産管理口座を選ばれました。

ポイントは色々あったかと思いますが、

・スイスのプライベートバンクは5000万円から開設できるとはいえ、やはり1億円以上を最低基準とした顧客対象のサービスだから。
・オンライン画面でできることや見やすさ(日本語)が優れている。
・積立投資のオンラインシステムと連動していて、一つの画面で一緒に管理できる(この方は併行して毎月1125ドル×25年の積立投資をしている)。

というところでしょうか。

次回はハワイでお会いします。
今度は死亡保障が目的の米国の生命保険ですね。

今あるまとまった資産の運用「オフショアファンド」で。
将来の年金準備「海外積立投資」で。
万が一の死亡保障「米国生命保険」で。
当然海外であれば預金封鎖対策もできていますし、すべて外貨で保有しているので円安対策、デノミ対策もできています。

明らかに起こりうる問題は事前に解決しなければいけません。
そしてその解決策はちゃんと揃っています。
あとは行動するだけ。
行動しなければ、人生後悔だけが後に残ります。

次はハワイ個別ツアーと米国生命保険の事例をご紹介しますね。

前の記事
【第142回】2種類の海外積立年金を両方始められた方の事例です。【山口県 会社員 40代前半 女性】
次の記事
【第144回】今話題の訴訟ファンドの機関投資家クラスに120万円から投資をしよう。<買付期間:4月24日まで>

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー