thumb image

【第75回】スイスのプライベートバンクから5000万円オフショア投資された事例です。【愛知県 会社員 50代後半 男性】

こんにちは。河合です。

本日はスイスのプライベートバンク口座を開設し、オフショア投資を実践された事例です。
最近はスイスへ渡航せずとも口座開設できる口座も多いですが、この方はスイスへ渡航し口座開設をされました。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【愛知県 会社員 50代後半 男性】

私とこの方との出会いは(と言ってもそれ以前からメルマガ読者ではありましたが)、東京でスイスのチューリヒに本社を構えるプライベートバンクと一緒に面談をした時でした。
そのプライベートバンクの担当者が日本に来日しているとのことで、面談希望の方を本メルマガで募ったところ、すぐにご返信をいただけたのがこの方でした。

※スイスのプライベートバンクについてはこちら

お住まいは名古屋。
しかも平日のピンポイントな昼の時間にも関わらず、時間を優先して東京まで来てくださいました。
その甲斐あって、その後チューリヒまで渡航し、口座開設&オフショア投資まで実践できるようになったので、これも本当に’出会い’というものだと思います。
実はその後、そのプライベートバンクはコンプラが厳しくなり、口座開設前の見込み客には面談してはいけない、となってしまいました。
やはり日本で本場スイスのプライベートバンカーに会えるというのはそれだけで貴重なもの。
たまたま彼が日本に年何度か足を運んでいたのと、私が親しくしていたこともあってほぼ善意で会ってもらえていた時が懐かしいです。。

さてこの方、これからはプライベートバンク経由である程度リスクを落とした運用をしていく予定ですが、これまでは相当リスクの高い運用をされていました。
このメルマガを書くために計算をしましたが、株の銘柄が多くて大変でした(笑)。
計算したところ、ざっくり・・・

国内株:1500万円
外国株:1億円
MRF:300万円
合計:1億1800万円

という資産状況です。
リスクが高いということは、投資アドバイザー 河合圭 さんもすぐにご理解いただけるかと思いますが、何より外国株の個別銘柄
だけでこれだけ保有されている方も相当珍しいです(笑)。
それだけ将来(投資)の目線が国内ではなく海外に向いているということですね。
その結果、最終的にはスイスのプライベートバンクを介してオフショア投資をするということに至ったのです。

リスクがあるもの(その代わりリターンも高い)、リスクが低いものなど色々ご紹介しましたが、最終的にご自身で決められたのがこちら。

コモディティ系ファンド:USD 300,000(約3000万円)
英国学生寮ファンド:GBP 132,000(約2000万円)
(プライベートバンク内でのみ投資できるファンド)

残り分は相場次第で、今保有している個別銘柄を手仕舞いしてから投資される予定です。
相場がいつも動いているので、個別銘柄ほど(これだけ保有されているからもありますが)手仕舞いするのが難しくなりますね。。

この方が開設したプライベートバンクというのは、スイスに渡航すると5000万円から口座開設できます。
日本語を話せるスタッフもいるし、年何回か日本へも渡航しているので、顧客満足としては高いですね。

しかしプライベートバンクという箱を使うことが目的であれば、今はスイスへ渡航する必要もありません。
しかも3000万円から開設できてしまいます。
今も口座開設希望者が多くて、手続きに時間がかかることもあり、順番を待ってもらっている状態です。
ご希望の方は書類手続きに時間がかかることも踏まえて(これを「スイスタイム」と言うw)、いつものようにお早めにこちらよりお早めにご連絡ください(無料)。
(お問合せ内容に「スイスプライベートバンク口座開設希望」とご入力ください。)

前の記事
【第74回】【募集期間:10/1~11/15】新しい元本確保型ファンド(グローバルマクロ戦略)
次の記事
【第76回】私と同い年(33歳)の経営者が月50万円(25年)の海外積立投資を始められた事例です。【東京 経営者 30代前半 男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー