thumb image

【第63回】海外積立投資を社員の福利厚生で利用する方法です。

こんにちは。河合です。

 

本日はいつもの海外積立投資を福利厚生で使おうという話です。

経営者の方からこの話をいただいて、調べていくうちにこの方法を見つけました。

 

※海外積立投資についてはこちら

 

今回、法人名義で社員の退職金代わりに積立投資をしておこうというこの話。

目的は2つ。

 

1)社員のモチベーションUP

月々の給与とは別にお金をもらうことによって、社員のモチベーションUPと離職率を下げる効果となります。

大企業の401k(確定拠出年金)と同じだと思ってください。

 

2)社員の退職金を確保

中小企業には退職金規定がないところが多いと思います。

そんな中小企業も海外積立投資で毎月お金を拠出し、増やしていくことで、社員が定年退職する時の退職金として用意することができます。

 

社員の離職を止めたい、やる気を出して業績を上げたいという経営者にご活用いただきたいですね。

こちらが海外積立投資の流れです。

 

1)法人(会社)と個人(社員)の共同名義とする。

2)法人(会社)のクレジットカードから毎月引落。

3)積立期間中の拠出金は法人(会社)の資産。

4)積立期間中の投資先は個人(社員)が自分でインターネットから指定する。

5)社員が途中離職した時は、この積立てた資金は法人資産に。定年で退職した時は、個人資産にする。

 

こうすることで、社員は自分の自己責任で自分の退職金の運用をできます。

会社側は社員が定年(満期)までちゃんと勤めてくれたら、この運用資金を退職金として支払いますが、その前に任意退職した場合、この資金をそのまま会社の積立額として使うことができます。

要は会社にとって「あげっぱなし」ということにはならないということですね。

 

あなたの会社でもこのケースを活用したいという時は、まずはこちらからご連絡ください。

社員数、社員の年齢、拠出額(月額)を相談しながら決めていきましょう。

(お問合せ内容に「海外積立投資の福利厚生利用」とご記入ください。)

前の記事
【第62回】19.5%の金利がつく元本確保型ファンドへ投資する最後のチャンス(~6/21)です。
次の記事
【第64回】今なら年4.25%の金利(固定)が年4回(四半期ごと)もらえます。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー