thumb image

【第61回】新しい元本確保型ファンドのお知らせです。【募集期限:2013年6月21日】

こんにちは。河合です。

 

 

約半年ぶりに期間限定募集の元本確保型ファンドのご案内です。

まずは念のため元本確保型ファンドの仕組みについてお伝えします。

 

 

元本確保型というのは満期には元本が返ってくることを保証しているファンドのことを言います。

全体の約84%を米国債券に投資しておくことで、満期まで毎年◯%の金利がつくとわかるため、元本確保ができるようになっています。

 

※元本確保型ファンドについてはこちら

 

今回の運用期間は7年(満期:7年後)。

満期時に保証される元本は投資額の90%です。

1000万円投資したとすれば、運悪く運用でどれだけ下がったとしても900万円は保証されることになります。

 

とはいっても、そもそも満期に90%が返ってくることを目的としている投資ではありません。

それでは誰も嬉しくないですよね(笑)。

残りの約16%部分を積極運用することで、運用リターンをあげるよう運用します。

 

今回の投資先はグローバルマクロ戦略と呼ばれるヘッジファンド。

同戦略ではジョージ・ソロス氏が最も有名ですね。

 

※グローバルマクロ戦略についてはこちら

 

元本確保型ファンドというのは、元本確保スキームを作らなければいけないがゆえに、毎度募集物となります。

つまりそのファンド自体は過去のトラックレコードがありません。

しかし今回のファンドはファンド・オブ・ファンズという形になっているので、投資する6つのヘッジファンドの過去の成績は見ることができます。

 

一つ一つ書いていると大変なので、ここではその6つのファンドのトータルの成績をお伝えします。

 

 

2007年:15.20%(9月~)

2008年:49.97%

2009年:6.20%

2010年:46.40%

2011年:34.13%

2012年:43.31%

2013年:24.37%(~4月)

 

 

設定来のトータルリターンは+581.83%(約6.8倍)。

1000万円投資していたら6818万円になっているということですね。

これを年率リターンで表すと+40.32%となります(複利計算)。

 

マーケットはちょうど円高、株安へ調整が入りだしたところですが、調整局面でやはり強いのがこういったヘッジファンド。

「空売り」をできるので、相場下落局面でもリターンが出せる、ということはもうご存知ですよね?

 

今回のファンドの募集期間は6/21まで。

それまでに書類の記入と海外送金が必要になります。

募集タイミング良いので、利益確定をした後の投資先として、今回も人気があることでしょう。

 

以下、このファンドの詳細となります。

 

 

最低投資金額:USD70,000(約700万円)

通貨:USD

運用期間:7年

元本確保:投資元本の90%

購入手数料:0%

解約手数料:2~0%

売買:毎日

投資方法:直接投資可、プライベートバンク口座経由可

 

 

このファンドのFactsheetをご希望の方はいつもの通りこちらからご連絡ください(無料)。

(お問合せ内容に「元本確保型ファンド資料希望」とご記入ください。)

前の記事
【第60回】スイスのプライベートバンクから9000万円を投資された事例です。
次の記事
【第62回】19.5%の金利がつく元本確保型ファンドへ投資する最後のチャンス(~6/21)です。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー