thumb image

【第51回】25ヶ月のうち24ヶ月プラスリターンのヘッジファンドをご紹介します。

 本日はコモディティ関連のオフショアファンドをご紹介します。

このファンドは主に以下の2つの投資を行います。

 

・コモディティの現物(ロング)

・CTA

 

コモディティの現物というのは、例えば金であれば金そのもののこと。

ゴールドバー(金の延べ棒)などですね。

それをロング(買い)し、コモディティ価格上昇を待ちます。

CTAはコモディティの先物市場を売買するヘッジファンドです。

こちらはロングだけでなくショート(売り)もすることで、リスクヘッジをしながら両方向でリターンを目指します。

※CTAについてはこちら

 

その結果がこちら。

 

2011年:38.87%

2012年:19.33%

2013年:0.59%(1月)

(運用成績がプラスの月:24/25)

 

毎月のパフォーマンスを見ていくと、一度しかマイナスになった月がありません。

2012年4月ですが、それでもたったの-0.3%です。

逆にプラスは最も大きい時で2011年5月の+8.39%です。

投資の効率を計る物差しとして「シャープレシオ」というのがありますが、これが極めて高いのがこのファンド。

同じく標準偏差も極めて低いです。

 

シャープレシオ:10.97

標準偏差:1.59

※シャープレシオについてはこちら

 

一つの資産(コモディティ)を最大でも全体の10%までとし、CTA、現物の両方を保有することで上下のブレ(リスク)を低くすることに成功しています(分散投資)。

またこれは’耳にタコ’だと思いますが、金などコモディティ資産は他の資産(株、債券、不動産)との相関性が極めて低いです。

つまりこのファンドだけでなく、他のファンドと一緒に投資をしておくことで、あなたのポートフォリオもガッチリしたものになるということですね。

以下、このファンドの諸条件です。

 

最低投資金額:USD 10,000(約100万円)

通貨:USD、EUR、GBP

購入手数料:0%

解約手数料:4~0%(4年経過後、0%)

売買:毎日

戦略:コモディティ(CTA+現物)

(直接投資可、オフショア資産管理口座可、プライベートバンク口座経由可)

 

特徴的なのは、購入手数料がない(0%)だということです。

解約手数料も4年経てば0%なので、入口、出口どちらも手数料がかからないことになります。

さらに最初にかからないということは、100%投資資金が投資にまわせるということなので、皆さんにとってもとても大きなメリットですね。

 

またオフショア資産管理口座やプライベートバンク口座を経由で投資している方も多くなって来ましたが、 今回のファンドはどこからでも投資ができます。

 

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

 

それでは日本語のFactsheetをご希望の方はいつもの通りこちらのURLよりご連絡ください(無料)。

(お問合せ内容に「コモディティのオフショアファンド資料希望」とご記入ください。)

 

私のクライアントでは、直近の円安&株高で利益確定をされた方がこのファンドに投資されることが多いです。

あなたも結構利益が出ているところではないですか?

どこかで売却しておかないと、投資はいつまでたっても利益確定ができないですよ。

前の記事
【第50回】金+マーケットニュートラル戦略のヘッジファンド
次の記事
【第52回】使っていない昔のランドセルはありませんか?(想い出のランドセルギフト贈呈式)

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー