thumb image

大化け株を狙い撃つ

誰しも、一度ぐらいは持っている株が10倍になるような経験をしてみたいと思っている事でしょう。しかし、現実はなかなかそうはいきません。

安定を求めて大企業を買っていても、大企業の株価が10倍になる事は難しいでしょう。かといって、新興企業に投資していても必ずしもビジネスが成功するといった保証はありません。中には、成功どころか倒産してしまう企業まであります。

では、10倍のリターンを与えてくれるような銘柄を手に入れる事は不可能なのでしょうか?そんな事はありません。確かに、そのような株を持っておくという事は難しい事ではありますが、決して不可能ではないのです。

・大化け株が次々に出てきた時代

10倍になるような銘柄が数多く表れたのが、ITバブルと言われた時代です。新しい時代の始まりを予感させるインターネットの技術革新によって、多くの企業が躍進しました。 また、多くの関係企業もその波に乗りました。その結果、株価はインターネット関連というだけで軒並み高値を更新していったのです。

市場は新たな時代の幕開けを歓迎したのです。何故なら、新しい産業や業界が誕生するという事は、そこに新たなマーケットと雇用が生まれるという事だからです。当然、今までは無かったお金の流れが出来ました。

・今後の成長分野とは?

では、次の新たなマーケットとは何でしょうか?それを知る事こそが、今後の大化け株が何かを見極める大きなヒントとなります。

今、最も注目を集めているのがロボット分野です。最近ではソフトバンクが人工知能を搭載したロボット、ペッパーを発表して世間を驚かせました。

今後、ロボット分野がますます注目されるのは間違いありません。何故なら、日本は高齢化社会へと突入しているのにも関わらず、介護の人では足りていません。この問題を解決するための切り札がロボットだと考えられているからです。

・成長分野の割安銘柄を探す

そんなロボット関連の銘柄で、川田テクノロジーズ(3443)があります。鉄骨と鋼橋、PC土木、システム建築の総合大手なのですが、ロボットなどの最先端分野に関しても力を入れているのです。

この、川田テクノロジーズはロボット関連の銘柄ではかなり低いPBRとなっていて、割安感があります。今後、ロボット関連銘柄はますます注目されるでしょう。その時に、割安で放置されている川田テクノロジーズに投資家の視線が集まるかもしれません。

大化け株を狙い撃つ(出典:Yahoo Finace)

大化け株を狙い撃つ1(出典:同上)

The following two tabs change content below.

朝倉大吾

K2 Investmentアドバイザー 私個人の運用(株中心)による、経済、相場、銘柄コラム

最新記事 by 朝倉大吾 (全て見る)

前の記事
今後、自動車業界で何が起こるのか?
次の記事
老後資金には長期投資で備える

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー