thumb image

今後、自動車業界で何が起こるのか?

・やはり出てきた新たな燃費不正

三菱自動車の燃費不正問題に続き、新たに同業他社の不正が発覚しました。5月18日、スズキの販売する車種において燃費測定の際に国が定めている方法とは違う方法で算出していた事が発覚したのです。 このニュースが報じられた時、少なくない数の人が驚きよりも、やっぱりなという感情を抱いたようです。業界に対する不信感は拭われていなかったのです。

そして、今回2社続けて問題が発覚したことによって、更に業界全体に対する不信感は増してしまいました。当然、他社にも疑惑の目が向けられるのは、避けられなくなっています。 ・今回の騒動は業界全体にどのようなダメージを与えるのか
燃費不正問題がクローズアップされる事によって、業界全体に疑惑の目が向けられるのは避けられません。

ここで、各社がどのような対策をとってくるのかで、今後の流れが大きく変わっていくでしょう。 世界で戦っていく為には、市場から絶対的な信頼を勝ち取る必要があります。信用を勝ち取る事こそが、ブランド力の向上につながるからです。

また、今回の問題が業界全体にどれほどまのダメージを与えるのかは、予測が難しい部分ではありますが、ハッキリしているのは問題が長引けば業界内の力関係が大きく変わってしまう事もあり得るということです。

・スズキの株価と三菱自動車の株価の動き

今回の問題によって、三菱自動車は発覚前の半値近くまで値を下げる場面がありました。一方のスズキは報道された日こそ大きく値を下げましたが、翌日からは大きく値が崩れる事がありませんでした。

スズキの株価を見ながら疑問に思われた人も多いことでしょう。

両社の間に何か違いがあったのでしょうか?理由の一つとして、三菱自動車の不正が発覚した際に、同じような問題が他社にもあるかもしれない、と市場参加者の多くが考え、予め予測されていた事態だったという事があります。また、日産が三菱自動車に巨額の出資を行うといったニュースも関係しているはずです。

今後、自動車業界で何が起こるのか?

・日産は安い買い物をしたのか?

日産が三菱自動車に出資を行うというニュースを聞いた人の多くは、一つの推測をしたのではないでしょうか?

すべて、日産が仕組んだものなのではないか?そんな事があり得るはずもないのですが、勘繰られても仕方がないタイミングだったのは事実です。

それに、三菱自動車の燃費不正問題が発覚した原因となったのは日産という事もあります。どうしても、疑いは残ってしまいます。今回の騒動では被害者である日産ですが、三菱自動車が傘下に入った事で、今後の業界内でのパワーバランスが変化していくのは、目に見えています。

しばらくは、自動車業界から目が離せそうにありません。

The following two tabs change content below.

朝倉大吾

K2 Investmentアドバイザー 私個人の運用(株中心)による、経済、相場、銘柄コラム

最新記事 by 朝倉大吾 (全て見る)

前の記事
窓埋めを狙った中期投資
次の記事
大化け株を狙い撃つ

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー