thumb image

原油安を追い風に成長する株とは?

原油安が止まりません。

2014年には1バレル100ドル近辺だったのですが2016年に入ると一時的に40ドルを割りました。

40ドルを割った事により、節目を意識されたのか、今では44ドル程度に上昇していますが、まだまだ予断を許さない状態なのには変わりがありません。この上げが更なる下げの為の準備期間なのか、それとも底打ちして新たな局面を迎えたのか?今の段階で判断を下すのは早計と言えるでしょう。

原油安を追い風に成長する株とは?1

原油安によって、株価も足を引っ張られているというイメージを持たれている人も多いようです。確かに、ダウの動きを見てみると、原油の動きに翻弄されている部分があります。それにつられて日本市場も動いています。しかし、本当に原油安は日本にとって問題なのでしょうか?最近の風潮では原油安は悪となっているようですが、実はメリットも十分あるのです。

日本は、量的緩和によるインフレ政策を実施しています。インフレによって株価を上昇させるのが目的の一つでもあるので、その点で言えば原油安は確かにマイナスではあります。

しかし、原油安によってガソリン価格は下がります。更に、原油を原料にしているものも原価が下がるので商品価格が下がります。消費者にとっては、喜ばしいことなのです。また、消費者だけでなく企業でも恩恵を受けられるところがあります。真っ先に思い浮かぶのが、燃料が安くなる事が業績に直結する航空会社や海運会社、陸運会社です。これらの企業は、基本的に燃料が安くなるだけで利益率が上がります。

では、ここで陸、空、海、それぞれの会社をいくつか紹介させていただきます。

航空会社で代表的なのが「日本航空(9201)」「ANAホールディングス(9202)」の2社です。日本航空は公的資金投入とリストラで更生法終結しています。

原油安を追い風に成長する株とは?2

海運会社で代表的なのは「日本郵船(9101)」「商船三井(9104)」「川崎汽船(9107)」の3社です。

原油安を追い風に成長する株とは?3

最後に空運会社では「日通(9062)」「ヤマトホールディングス(9064)」の2社です。

原油安を追い風に成長する株とは?4

原油安がどこまで続くのかはまだわかりません。しかし、原油安が続く現状を見ているだけでは何も始まりません。まずは、原油安が大きく影響を与えてくる株を見つけて、双方の動きに注目して来たるべき時を待つという姿勢が大切になってくるのではないでしょうか?

The following two tabs change content below.

朝倉大吾

K2 Investmentアドバイザー 私個人の運用(株中心)による、経済、相場、銘柄コラム

最新記事 by 朝倉大吾

前の記事
銀行株が秘めている可能性
次の記事
東芝復活はいつになるのか?

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー