thumb image

【第235回】新しいオフショア資産管理口座経由で500万円をオフショア投資始められた方の事例です。【山形県 会社員 50代前半 女性】

こんにちは。河合です。

本日は弊社とも長くお付合いいただいている古参の会員さんが、USD30,000(約300万円)から開設できる新しいオフショア資産管理口座を通じて3つのオフショアファンドへ投資された事例をご紹介します。

『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【山形県 会社員 50代前半 女性】

この方、海外積立投資を始められてもう5年になります。
その間、積立としてはもちろん運用していますが、一括投資はまだされていませんでした。

そして今回、新しいオフショア資産管理口座がUSD30,000から口座開設になったことをキッカケに、まとまった資産の運用を始めようということになりました、

※新しいオフショア資産管理口座についてはこちら

投資先は以下の3つ。

英国介護不動産ファンド:USD13,500
英国学生寮ファンド:USD15,000(GBP)
FXヘッジファンド:USD20,000

更に、今後5年前から積立てて結構な額になってきた海外積立投資の一部を解約して、追加でオフショアファンドの銘柄を増やしていこうと考えられています。

理由は・・・

1)3年目からの一部解約は手数料がかからない。
2)海外積立投資の中で投資できるヘッジファンドは数銘柄のみなので、投資する先をもっと広げて、もっと安定的な高いリターンを目指す。

ですね。

更にこの方も、長年弊社の事例メルマガをご覧になってもらえてるそうで、今回の事例お願いに対し、以下のメッセージをいただけました。

私は主人より7歳年下なので、13年は1人で生きていかなければならないよ。と言われていました。
自分の老後は自分で考えなくてはと思っている時に偶然にもHPで海外積み立てに出会い、オフショアファンドにめぐり合わせて頂いて感謝しております。

始めは、主人の退職金でと思っていたのですが、海外積み立ての事を話したら
そんな上手い話はないと言われ、かなりへこみました。
じゃあ自分の自由に出来る資金でやるしかない!と思い始めました。

老後の長い女性にこそ、お勧めしたいです。その後、子供達にそのまま残せるのは夢のようです!

ぜひ女性の皆さんにはさん参考にしていただきたいと思います。

前の記事
【第234回】弊社パートナー不動産投資ブロガー紹介からのオフショア投資&海外積立投資事例です。【東京都 開業医 40代前半 女性】
次の記事
【第236回】追加投資で海外仕組債とオフショアファンド2銘柄(計1500万円)投資された方の事例です。【東京都 司法書士 30代後半 男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー