thumb image

【第206回】アルゼンチン永住者の海外積立投資事例です。【アルゼンチン 主婦 50代前半女性】

こんにちは。河合です。

本日はアルゼンチン永住者(日本人)が海外積立投資を始められた事例をご紹介します。
弊社も世界中にクライアントができてきましたが、それぞれ国単位で悩んでいることが異なります。
今回と同じ例として、もし現在新興国に住んでいればとても参考になると思います。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【アルゼンチン 主婦 50代前半 女性】

まずはこの方のお悩みをポイントにまとめましょう。

1)現地で投資アドバイザーを探そうにも見つからない。
2)アルゼンチンの破綻、為替リスクが極めて高いので、アルゼンチンに資金を移動するのも危険。
3)日本の銀行に2000万円あるが、日本に戻らないと送金できない(次の帰国予定は5年後)。

ということで・・・

弊社をグローバルスタンダードな投資アドバイザーとして見つけてもらえ、
日本でもアルゼンチンでもないオフショアで運用をすることにし、
送金手続きの必要がなく、クレジットカードから資金移動ができる海外積立投資を始められました。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

USD800(約10万円)を15年の元本確保型海外積立投資にされたので、年120万円15年で1800万円を移動できることになりますね。

この方は、たまたまアルゼンチン在住でしたが、世界にはたくさん日本人の方がいます。
日本の企業から赴任で駐在している人もいれば、出張ベースで移動続きの方もいます。
そして現地でビジネスをされている人もいれば、この方のように現地の人と結婚して主婦をされている方もいます。

かくいう私もその一人。
そしてこのような生活をしていると、世界各地で上記のような生活スタイルの友人がたくさんできます。
彼らは多少異なれど(先進国だと国の破綻リスク、為替リスクは日本よりむしろ安心できるので)、今回の方のようなお悩みを持っているようです。

弊社もこのような相談をたくさん受け、それぞれの国に合った解決策を用意しています。

※弊社の海外アドバイス実績はこちら

もし海外居住者で投資のご相談を希望であれば、まずはお気軽にこちらから弊社までご連絡ください。

※海外居住者向け投資ヒアリングシートはこちら

前の記事
【第205回】年率8-10%の英国介護不動産ファンドです。
次の記事
【第207回】元野村證券、現役証券マンの海外積立投資事例です。【東京都 証券マン 30代前半女性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー