thumb image

【第186回】2億円の国内資産(株、投資信託)から出た配当を1000万円単位で海外のヘッジファンドへ投資されている事例です。【広島県 開業医 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。

本日は日本国内で2億円の資産を株やファンドへ投資していて、そこから出てくる配当(5%=1000万円)で都度海外ファンドへ投資をされている事例をご紹介します。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【広島県 開業医 50代前半 男性】

この方、振り返ってみると、最初に弊社を知ってもらえ、お問合せをいただいたのは2012年のことでした。
当時からハイリスクなファンドへの関心があったことと、国内の株式やファンドで2億円の資産を運用されていることから、かなりハイリスク(ハイリターン)思考だということが伺えます。

そして結果的に昨年(2014年)末から私のゴールド会員になっていいただけ、その後オフショア資産管理口座を開設し、そこへ定期的に1000万円送金し、海外のヘッジファンド(オフショアファンド)へ分散投資していくということにされました。

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

色々、ファンドをご提案し、最終的に最初の投資先として選ばれたのがこちら3つのファンドでした。

クレジットローンファンド:USD 50,000(約600万円)
英国債券ヘッジファンド:USD 24,000(約300万円)
マネージドフューチャーズ戦略+グローバルマクロ戦略ファンド:USD 24,000(約300万円)

海外(オフショア)には年率平均20%を超えているようなファンドもたくさんありますが、多くの最低投資額がUSD 100,000(約1200万円)と高めになっています。
今回の予算で、ハイリスクなファンド一本で開始するのも一つの選択ではありましたが、やはり今回は初めてのオフショア投資ということもあり、このようにミドルリターン型ファンドを含む3つのファンドに分散されることにしました。

なお上記ファンドは、いずれも弊社人気ランキング上位のオフショアファンドとなっています。

※オフショアファンド人気ランキングはこちら

各ファンドの資料が見たい時は、いつものように下記お問合せからお気軽にご連絡ください。
(お問合せ内容に「クレジットローンファンド資料希望」など、見たいファンド名をご記入ください。)

前の記事
【第185回】弊社セミナー参加後、海外積立投資を始められた事例です。【東京都 会社員 30代後半 男性】
次の記事
【第187回】海外積立投資のアドバイザーを他社から弊社へ変更された方の事例です。【大阪府 会社員 40代後半 男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー