thumb image

【第181回】学資保険を止め、年6%固定金利ファンドを始めた事例です。【岐阜県 会社員 40代前半 女性】

こんにちは。河合です。

本日は日本の保険会社でしている学資保険を止め、先日本メルマガでもご紹介した年6%固定金利ファンドを始めれた事例をご紹介します。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【岐阜県 会社員 40代前半 女性】

最初にご相談いただいたのが、日本の保険会社で掛けている・・・

1)現在中学生になる子どもの学資保険
2)夫婦になにかあった時の死亡保障
3)医療保険

でした。

1)かんぽ生命の学資保険は積立が終わるまでの18年間(子どもが18歳になる時)積立て続けても、なんと元本割れをするというもの。
それでも始めたのは、自分たちに何かあった時は保険料支払が免除されるからですが、それにしても増えないどころか元本が割れるというのはどうかと思いますよね。。
ということでまずはこれを即停止。

学資保険を止めた後、お子さんがもう13歳なので、あと5年のために積立をするよりも今まで積立てた額の方が多いわけですよね。
だったらこれからは積立をするというよりも、今まで貯めていた400万円とこの学資保険の解約返戻金をそのまま金利がつくもので運用をしようということになりました。

とはいえ運用期間5年です。
皆さんもご存知の通り、決して長期運用ではありませんよね。
ということで、毎年満期が来る年6%固定金利ファンドで、運用をすることに。
500万円を年6%(単利)で5年間運用したら、650万円(元本+150万円)になります。
増えない学資保険を満期まで続けているよりもよっぽどいいですよね。

※年6%固定金利ファンドについてはこちら

2)第一生命の終身保険は、毎月17,000円支払っていて、そのうち919円しか自分たちの老後のための資金にならず、残りは全部死亡や三大疾病のための保障というものでした。
もしこのまま70歳まで30年間支払った場合、合計1500万円程度支払うことになりますが(保険料が倍々で増えていくため)、年金としてもらえる額はたったの40万円程度となります。
では何のためにこの保険をしているのか?というと、万が一のことがあった時にもらえる死亡保険金(合計2600万円)のためにしているわけですね。
つまり長生きしたらアンハッピー、早死したらハッピーというわけです。。

たしかに死亡保障はないよりあったほうが安心になりますが、自分たちが生きていくのに必要なお金を放棄してまで、無理に死亡保障をつけるのはおかしいですよね。
ということでこの保険も止めよう・・・となるのが普通ですが、この保険はご主人の勤め先企業のオーナーの親類からほぼ無理矢理入らされたということで、解約するのは・・・とのこと。。
地方ならではのしがらみですかね。。。
とはいえ自分の大事な人生、自分が苦しんで人に食べさせてる場合ではありません。
この分は海外積立投資にまわし、金利をつけながら老後資金を蓄えようということです。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

3)はとりあえずの保障としてそのままOKという内容でした。

限られた収入の中で、あれも欲しい、これも欲しいというのは無理な話です。
何かを選択しなければいけないのであれば、年齢、健康状態にもよりますが、やはり・・・

・自分たちの将来
・子どもの将来
・万が一の時の備え

の順でしょう。
子どもの将来の蓄えは必要だと思いますが、自分たちの将来の蓄えがあれば、そこから子どもの学費など支払えばいいわけですからね。
とにかく蓄えをしていかなければ、なんにもできません。。

最近、保険の見直し相談が多いです。
投資で増やそうという相談よりも多いです(笑)。
日本人は今回のような無理矢理ケースも含めて、皆保険に入ってるから当然相談も多いわけですが、相談後見直さなくてよかったという人はほぼいません。

皆さんも保険に入っていたら、こちら直接相談よりいつでも遠慮なく私にご相談ください。
(ご相談内容にご自身の持っている保険名など自由に書いてください。)

前の記事
【第180回】K2主催合同セミナー(海外投資、海外保険、ハワイ不動産、マイナンバー制度)動画配信を開始します(1000円)。
次の記事
【第182回】ハワイ銀行口座開設個別ツアーのお知らせ(期間限定:2016年2月5日まで)

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー