thumb image

【第177回】私の同級生の海外積立投資事例です。【岐阜県 会社役員 30代後半 男性】

こんにちは。河合です。

本日は私の同級生が海外積立投資を始めた事例をご紹介します。
といっても私が勧めたわけじゃないんです。
自分で弊社(K2)へ相談してもらって、弊社アドバイザーとやりとりして自分で始めることを決めました。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【岐阜県 会社役員 30代後半 男性】

彼はお酒が飲めないのと、仕事柄毎朝6時くらい?に出勤し、夜遅くまで働き、週1日しか休みがないので、私が岐阜に帰る時にはさっくりとした食事に行っていました。
その時に投資とかお金の話をしたことなんて一度もありません。
Facebookでも友達になっているので、私の動画シェアを見て、「おもしろい動画シェアしてるよね。」という程度です(笑)。

さて特に私達の中に何かあったわけではありませんが、急に彼の名前でこちらのリアルタイム診断に名前が出てきました。
彼が投資に感心があると知ったのもこれが初めてです。
けれど私から彼にわざわざ連絡することもありません。
彼のペースで調べて、読んで、相談してもらったらいいかな、と思ったからです。

ということで、リアルタイム診断後、弊社アドバイザーとメールでのやり取りを重ね、Facebook経由で私にも相談が来るようになりました。
結果的にまだ若いこともあり、現在の預貯金よりも年間の給与からの余剰資金の方が多いということで(おそらく忙しく使う暇がないんじゃないかと。。)海外積立投資を始めましたが、その間、商品の理解や投資の相談はすべて弊社アドバイザーと行ってます。
誰かに頼ることなく、流されることなく、自分で考えて勉強し行動できるというのがいいですよね。

彼が迷った点は2つだけ。

1)「海外積立投資」と「140%元本確保型積立投資」のどちらにするか?
2)期間を「20年」にするか「25年」にするか、でした。

1)はそれぞれの注意点を確認してもらいました。
まず140%元本確保型積立投資期間が15年しか選べません。
まだ若い彼には長期で複利運用するメリットが十分に得られないということですね。
そして3年目から減額、積立STOP、一部引き出しができますが、その時点で満期時(15年後)の140%保証がなくなります

ということで彼の場合、海外積立投資になりました。

次に2)期間を最初20年と考えていたのを25年に改めました。
理由の一つは上記の複利運用を十分にできる選択肢を残しておくこと。
もう一つは、15年目以降いつ解約しても解約ペナルティはかからないからです。
3年目から減額、積立STOP、一部引き出しがペナルティなしできますが解約(全部積立をやめて資金を返してもらおう)となると、当然ペナルティが発生します。
本来保険会社に払うべきだった手数料を最後に払ってやめないといけないわけですよね。
それが15年目以降は一切解約手数料が免除されるんです。
つまりは15年目にそれ以上積立するのを止めても、20年目に止めても、25年後の満期まで続けても費用負担は一緒なんです。
だから15年以上の積立ができる年齢だったら、とりあえず25年間積立&運用できるという選択肢を残しておけばいいんです

ということで当然25年を選択となりました。

毎月積み立てる額は、余剰資金(年120万円)からのUSD650(約75,000円)ですボーナス金利:4%)。

皆さんもぜひ自分で考え、勉強し、行動することを実践してみてください。

前の記事
【第176回】マイナンバー制度開始(来年1月)前、最後のスイスのプライベートバンカー来日です。今ならマイナンバー制度前にスイスにお金を移せます。【9/28~10/15】
次の記事
【第178回】弊社K2主催合同セミナー(海外投資・海外生命保険・海外不動産・マイナンバー制度)を開催します【10月24日(土)14:00~16:00】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー