thumb image

【第138回】 8.5%固定金利ブリッジローンファンドの募集終了です。<募集締切:4月5日>

こんにちは。河合です。

今回ご紹介するファンド、以前は10%固定金利がつくものもありましたが、今回8.5%がなくなるのと同様に既に募集締切になってしまっています。

※10%固定金利についてはこちら

理由は上記リンク先にも書いていますが、低い金利条件でも十分な投資家を集めることができているから。
特にスイスなど機関投資家からの資金が定期的に入っていることで、このファンド既に270億円くらいの残高規模になっています。

実はこのファンド会社へ2013年11月に訪問し、今回1年半ぶりに再訪問しました。
まず驚いたのが、オフィスが3倍以上に拡張されていて、その分スタッフも増えているということ。
たしかにブリッジローンというのはデューデリジェンスなどに人が必要なビジネスではありますが、これほど急拡大したオフショアファンドは私も見たことがありませんでした。

ブリッジローンをもう一度説明しておきましょう。
とてもシンプルです。

不動産や事業などで、銀行から借入をする方が金利が低いので経営者としてはまず考えます。
しかしながらテストさんが銀行へ行っても感じられるように、官僚主義の銀行は何をするにも遅い。
担保設定や決裁にやたらと時間がかかり、少なくともローンを組むのに最低でも3ヶ月はかかることでしょう。

そこでこのブリッジローンファンドが登場します。
こういった方たちへ短期のつなぎ融資(ブリッジローン)をするのです。
平均の融資期間約半年
一件辺りの融資額の平均は約1億円です。
ほとんどの投資家は欧州の機関投資家ファミリーオフィス
アジアの特に日本からの投資家は全体の1%程度です。

今回4/5をもって募集最後になるのが年8.5%固定金利がつく(GBP)というものですが、これが4/6からは6%になってしまいます。
まったく同じリスクを取って投資するリターンが、一日ずれるだけでこれだけの金利差になってしまうのですから、当然今のうちに投資しておいたほうがいいということになります。

以下ファンドの詳細です。

最低投資金額:GBP 25,000(約450万円)
通貨:GBP
金利:8.5%/年 ※四半期ごとの支払い
購入手数料:0%
解約手数料:0%(2ヶ月前通告)
ロックアップ:6ヶ月
売買:毎月
戦略名:ブリッジローン(短期貸付)
(直接投資可)

今回特徴的なのはオフショア資産管理口座からは投資できません。
直接投資のみとなります。
最低450万円程度から投資できるので、もしテストさんが小口で安全な投資先へ投資したいということであれば、一番適していると思います。

それではテストさんも投資をご希望であれば、まずはお気軽に下記お問合せよりご連絡ください。
(お問合せ内容に「ブリッジローンファンド資料希望」とご入力ください。)

今回直接投資なので、申込には申込書類への記入と海外送金が必要となります。
つまり郵送などで時間がかかるので、期限に間に合わせるため、少なくとも3/27(金)までに書類を弊社へ発送してください。

前の記事
【第137回】ハワイ個人ツアーで将来の年金準備、死亡保障の試算をしてみませんか?<2015年5月>
次の記事
【第139回】『預金封鎖』の前にスイスのプライベートバンクにお金を移しておきましょう。 (スイスプライベートバンカーの来日のお知らせ)<4月9〜18日>

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー