thumb image

【第134回】HSBC香港の口座開設に来ませんか?(香港個人ツアー)【渡航期限:〜3月6日(金)】

こんにちは。河合です。

本日は香港個人ツアーの企画です。
弊社も香港にオフィスを設けてもうすぐ1年。
もっと早く企画をしておけばよかったのですが(笑)、日本の預金封鎖が騒がれているので、預金封鎖から免れたいという方向けに、この度海外の銀行口座を開設しようという個人ツアーを行います。

※預金封鎖についてはこちら

団体でなく個人なのは、皆さん色々な仕事をされているので、なかなかまとめて一緒の休みを取れないということ。
あとお金や投資のことなので、やはり個人で弊社の投資アドバイザーを話をしてもらった方がいいと思い、個人としました。

以下、主なツアー企画です。

1)海外銀行口座開設
2)海外の保険会社見学
3)オフショアファンド会社見学
4)香港一美味しい飲茶、HSBC本社が見える絶景のBAR、香港B級グルメ
5)自由行動あり

香港の銀行口座は以下の中からご選択ください。

・HSBC香港
・ハンセン銀行
・スタンダードチャータード銀行
・Boom証券

※揃えられる書類、英語力(or中国語力)などによってご希望に添えない場合もあります。現地で柔軟に対応します。

オフショアファンド会社名は秘密です。

日本から香港へのフライトは東京、関西、名古屋、その他地方から毎日多数出ています。
片道4時間。沖縄と台湾のすぐ先です。
香港空港から市内までは30分ととても便利です。

香港宿泊のホテルも弊社が予約代行します。
弊社提携先保険会社のコーポレートプライスでご提供できます。
(約1万円or約2万円の2種類)

弊社のスタッフが現地(香港)で同行するための費用が1万円(ゴールド会員は無料)
空港までお迎えにあがります。
上記日程を1日ですることもできますし、2日に分けることもできます。
ご都合の良い日程をお知らせください。

まず来てみようかな、と思っている方は下記お問合せからご連絡ください。
(お問合せ内容に「香港個人ツアー申込」とご記入ください。)

なお今回の香港個人ツアー企画の渡航期限は弊社スタッフが海外保険会社主催のイベントで全員シドニーへ発つため、3/6(金)とさせていただきます。

前の記事
【第133回】野村證券&生命保険(日本)からオフショア資産管理口座に移された事例です。【東京都 勤務医 50代後半 女性】
次の記事
【第135回】機関投資家しか投資できない世界学生寮ファンドで年8.26%の賃料収入をもらいましょう。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー