thumb image

【第133回】野村證券&生命保険(日本)からオフショア資産管理口座に移された事例です。【東京都 勤務医 50代後半 女性】

こんにちは。河合です。

本日は野村證券でファンドを、日本の生命保険で保険をかけられていた方が、それを止めてオフショア資産管理口座で投資を開始された事例をご紹介します。

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【東京都 勤務医 50代後半 女性】

キッカケは私への有料の個別相談でした。
1時間1万円頂戴しているのですが、それだけ現在している投資に対する客観的なアドバイスを求めていたのでしょう。

この方がしていたのは野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券で・・・

・新興国株ファンド
・日本株ファンド
・テーマ型株ファンド

でした。
要は全部株なのでハイリスク=ハイリターン。
ただのロングオンリー(買建のみ)の投資信託なので、相場が良ければ儲かる、という運用の仕方をしていたわけですね。
ちなみにこれは証券マンから勧められたそうです。

一方、ご自身で買っていた外国株もあったそうです。
そしてこれだけが儲かっていた(笑)。
プロだと思っていた証券マンが選んだものより、自分が納得していいと思ったものを買っていた方が良かったのです。

最近は投資信託があまりに上がらないから、外国株で回転売買(短期で何度も売買すること)を勧める証券マンも増えてきたそうですが、昔は投資信託もどんどん新しい種類のものが出てきて、その度に「募集物」という名目でどんどんプッシュセールスをしていた時代がありました。
証券マンにとっては投資信託はドル箱商品。
入口に3%の手数料が入る上に、運用し続けても年間1%以上の手数料が入るのですから、これを増やしていくことが至上命題になったのです。
その頃の名残が、しかもマイナス運用のまま残っていたんですね。

もう一つが日本の生命保険。
これも運用先は日本国債なので、増えるわけがありません。
この方も既にこのことをご存知で、保険を止めることは最初から考えられていました。

ということでどちらも売却。
リスクを減らすことと海外で一括で管理することを目的に海外のオフショア資産管理口座を開設し、そこで以下4つのオフショアファンドへ投資を始められました。

コモディティ・アービトラージファンド:200万円
債券ヘッジファンド:200万円
クレジットローンファンド:1000万円
プレミアムインカムファンド:400万円

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

各ファンドはいずれも本メルマガでご紹介していますが、弊社の人気ランキングでも上位のものですね。

※海外ファンドランキングはこちら(毎月更新)

そしてここから将来お金を使っていくことを考え、先日ご紹介したAmerican Express(Amex)クレジットカードを発行する予定です。
口座残高に応じて応募できるカードの種類が異なるのですが、この額であればPlatinum(プラチナカード)まで申し込めますね。

Amex Green:USD20,000(約250万円)以上
Amex Gold:USD50,000(約600万円)以上
Amex Platinum:USD100,000(約1200万円)以上

なお・・・AmexといえばCenturion(ブラックカード)
あくまでブラックカードは招待制なので、絶対もらえるとは言えませんが、

Amex Black(Centurion):USD 250,000(約3000万円)以上

の残高があれば、あの「ブラックカード」がもらえるかもしれませんね。
色はもとより、あのプラスチックではなくチタンで作られている固いカードがいいですよね(笑)。

投資でどんどん残高を増やしてから応募しましょう!

前の記事
【第132回】海外の口座を開いて海外のAmerican Expressのクレジットカードを手に入れましょう。
次の記事
【第134回】HSBC香港の口座開設に来ませんか?(香港個人ツアー)【渡航期限:〜3月6日(金)】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー