thumb image

【第125回】2014年最もハイリターン(+90.62%)だったオフショアファンドです。

明けましておめでとうございます。河合です。

さて、昨年2014年は新興国を除けば、日本も米国もとても良い相場でしたね。

日経平均株価:+7.1%
S&P500:+12.5%

とはいっても、実はそれぞれの国の平均株価でこれだけしか上昇してないんです。
あれだけ金融緩和してもたったこれだけ。。

さて、その間オフショアのヘッジファンドはどうだったのでしょうか?
全部ご紹介するのは大変なので、一番上昇率の高かったファンドを2つご紹介します。

CTAファンド:+90.62%
マネージドフューチャーズ戦略ファンド:+76.49%

※CTA(Commodity Trading Advisor)についてはこちら
※マネージドフューチャーズ戦略についてはこちら

+100%が前年比で株価がになっているということなので、これらのファンドも1年で倍近くになっているということですね。
当然外貨で運用しているので、1年間で円安になった分は更にプラスです。
こちらが2014年の年間上昇率(対円)。

米ドル(USD):+13.69% 
NZドル(NZD):+7.83%
英ポンド(GBP):+6.96% 
豪ドル(AUD):+4.08%
加ドル(CAD):+3.94%
スイスフラン(CHF):+2.09% 
ユーロ(EUR):+0.06%

いずれもハイリスク=ハイリターンで知られる戦略ですが、昨年株も為替も動きが大きかったため、大きなリターンが出ました。
ちなみに以前も本メルマガでご紹介しています。

さて、今年2015年は株に調整が入り、為替は更に大きく円安ドル高に動くと予想されます。
その通りご自身でポジションを張ってもらってもいいと思いますが、1年中ずっと同じポジションを張っておくわけにも当然いきませんよね(笑)。
そう、株が上がる時には買っておいて、下がる時には売る。
ドルが高くなる前に買っておいて、安くなる時には売っておく。
こうしたことを自動でしかも頻繁に売買してくれるのがこれらのヘッジファンドです。
皆さんの大事な資産の中でも余裕資金で積極投資ができる資産をこういったファンドに投資しておきましょう。

以下、それぞれのファンドの条件です。

【CTAファンド】
最低投資金額:USD 100,000(約1000万円) 
※オフショア資産管理口座、スイスプライベートバンク経由はUSD 10,000(約100万円)
通貨:USD
購入手数料:0%
解約手数料:5%
売買:毎月

【マネージドフューチャーズ戦略ファンド】
最低投資金額:USD 25,000(約250万円)
通貨:USD、EUR、AUD、GBP、CHF、JPY
購入手数料:5%
解約手数料:1%
売買:毎月

資料をご希望でしたら、いつものように下記お問合せよりご連絡ください。
(お問合せ内容に「CTAファンド or マネージドフューチャーズ戦略ファンド資料希望」とご記入ください。)
※なお次のディーリングデイは2/1です。ご希望の際は、1/26(月)までに書類、海外送金の手続きを終えてください。

前の記事
【第124回】 絶好調の米国株で今ここから140%の元本確保で積立てましょう。
次の記事
【第126回】スイスプライベートバンカーの来日です(1/21-2/4)。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー