thumb image

【第122回】5000万円でオフショア資産管理口座を開設された事例です。【徳島県 開業医 50代前半 男性】

※オフショア投資メルマガでは、各ファンドのチャートを載せていますが、こちらのバックナンバーでは削除しています。

 

こんにちは。河合です。

本日は総額USD420,000(約5000万円)でオフショア資産管理口座を開設された事例です。
為替が120円/ドル(2014年12月時点)と円安になっているので、いつの間にか価値がどんどん増えていますね。

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

【徳島県 開業医 50代前半 男性】

この方、最初はオフショア資産管理口座を開設される前にオフショアファンドへの投資をされていました。

元本確保型ファンド:USD 200,000(約2400万円)
ライフセトルメンツファンド:USD 300,000(約3600万円)

その後、オフショアファンドも徐々に増えていき、そろそろまとめて管理したほうがいいな、ということで、オフショア資産管理口座を開設されています。

そして今回追加で投資されるのがこちら。

クレジットローンファンド:USD 120,000(約1400万円)

ファンドは以前にも皆さんにご紹介したものですが、いずれもその後順調に上昇を続けています。
またヘッジファンドらしく実に上げ下げなく上昇を続けています。

さて、このクレジットローンファンド、多くの方が投資したいということでしたが、最低投資金額が1000万円ということで、投資したくてもハードルが高い状態でした。
しかしオフショア資産管理口座のようなカストディアンを使うことで、最低投資金額が下がります。
最近、このようなオフショア資産管理口座を使うと・・・というケースが多くなってきたので、この機会に以下まとめておこうと思います。

※ファンド名右手は設定来の年率平均リターン。左下が直接投資の最低投資金額。右下がオフショア資産管理口座内の最低投資金額です。

クレジットローンファンド:17.01%
1000万円→500万円

アフリカマイクロファイナンスファンド:8.19%
1000万円→100万円

プレミアムインカムファンド:23.45%
直接投資不可→100万円


世界学生寮ファンド:8.26%
直接投資不可→100万円

CTA戦略ファンド:27%
1000万円→100万円

 

ちょっと銘柄が増えすぎていて皆さん頭の中で整理できなくなってきているかと思うので、その場合には弊社のシルバー会員になってください。

シルバー会員専用サイトでオフショアファンドの銘柄名と条件、Factsheetなどをまとめてあります。

<シルバー会員専用サイト・イメージ図>

※シルバー会員についてはこちら(1000円/月)

前の記事
【第121回】海外積立投資から140%元本確保型積立投資に乗換えられた事例です。【東京都 会社員 50代前半 男性】
次の記事
【第123回】 2008年来+462%のオフショアファンド

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー