thumb image

【第105回】元本保証で3.5%(年)の固定金利が取れる最後のチャンスです。(申込締切:8月29日)

こんにちは。河合です。


今月はオフショアファンドの紹介が続いていますが、今回はファンドではなく固定金利商品(定期預金みたいなもの)です。
米ドル(USD)で毎年3.5%の固定金利がつく(元本保証)というシンプルなものですが、これが9/1から3.25%に下がってしまいます。

実は以前も本メルマガで同じく固定金利商品を紹介していました。
その時は4.25%3.5%に金利が下がってしまうという話でしたが、それがたった半年で更に3.25%に下がってしまいます。

※過去のメルマガバックナンバーはこちら

この固定金利商品の投資先は100%米国債。
つまり米国債の低金利が長く続けば続くほど、この固定金利商品の利率もどんどん下がってしまうということです。
米国の金利自体は景気に左右され、FRBが決めるので我々にはどうしようもないですが、高い金利が今ならもらえ(固定する)、来月からはもうもらえないとわかっているので、今のうちにできるだけ日本円の定期預金や国債などをこのUSD建ての固定金利にしておきましょう。
当然ながら日本国債の格付よりも米国債の格付の方が高いので、リスクも低く金利も高いということになります。
(USDは資産なので、日本円以外の外貨として必ず保有しましょう。)

さてこの固定金利商品には2種類のタイプが用意されています。

期間:3年
金利:2.5%/年

期間:5年
金利:3.5%/年


これが来月(9/1)からは・・・

期間:3年
金利:2.25%/年

期間:5年
金利:3.25%/年


に下がってしまうということですね。

ということで、書類手続き+海外送金を含めて、必ず8/29(金)までに完了しないと、この高い方の金利では投資が実行できません。
残り2週間なので、もし最も安全な保守的運用先として探している資産があれば、下記「お問合せよりお気軽にご連絡ください。
(お問合せ内容に「固定金利商品資料希望」とご入力ください。)

前の記事
【第103回】年17%のファンド(最低投資額1000万円)が500万円で投資可能に。(今月募集期間:〜8/22)
次の記事
【第106回】海外積立投資からオフショアファンドへのスイッチング事例です。【東京都 開業医 50代前半 男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー