thumb image

【第65回】スイスのプライベートバンクが3000万円からスイス渡航なしで口座開設できるようになりました。

こんにちは。河合です。

 

本日はスイスに渡航しないでも口座開設ができるスイスのプライベートバンクをご紹介します。

先週までのスイス出張で、正式に日本の投資家にご紹介できるようにしてきました。

 

※スイスのプライベートバンクについてはこちら

 

ご紹介できるプライベートバンクは以下の2つ。

 

<A社>

ジュネーブに本社を構えるブティック型大手3社の一つ。

最低預金額:5000万円

スイス渡航:不要

日本語スタッフ:なし(弊社がサポートします)

 

<B社>

スイス隣国直属のプライベートバンク。

最低預金額:3000万円

スイス渡航:不要

日本語スタッフ:なし(弊社がサポートします)

 

今回、このようにご紹介できるようになったことによって、日本の個人投資家にもこのようなメリットがあります。

 

1)スイスに渡航しないでも口座開設ができる。

2)最低預金額が従来の5000万円から3000万円に下がった。

3)手軽にスイスのプライベートバンク口座を開いて、そこから世界中のオフショアファンドへ投資をできるようになった。

 

スイスに渡航する場合は他にも選択肢が出てきますが(日本語を話せるスタッフがいるなど)、スイスに渡航しない段階での選択肢は上記2つです。

 

「どちらを選べばいいのか?」

 

費用的なところは大差ありませんので、やはり最低預金額によって決めてもらえればいいと思います。

 

またスイスは日本と違い金融システムが統一されています。

日本では自行で扱っていない金融商品を移管することはできませんが、スイスではそんなことはありえません。

つまり投資先はそのままで、銀行(プライベートバンク)だけを変更することができるのです。

ということは、とりあえずスイスに渡航できないうちは、上記プライベートバンクにて運用開始。

将来スイスに渡航できる機会があった時、もしくはプライベートバンクを違うところへ変更したい場合は、その時に新しい口座を開設し移管をすればいいだけなのです。

 

それでは今回のプライベートバンクにご関心があれば、またいつものようにこちらよりご連絡ください。

ご希望を伺った上で、具体的なプライベートバンクをご紹介します。

(お問合せ内容に「A社(もしくはB社)のプライベートバンク紹介希望」とご入力ください。)

前の記事
【第64回】今なら年4.25%の金利(固定)が年4回(四半期ごと)もらえます。
次の記事
【第66回】私の友人(31歳)が海外積立投資を始めた事例です。【東京 会社員 30代前半 女性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー