thumb image

【第46回】新しい海外積立投資の事例です。【東京都会社員 20代後半男性】

こんにちは。河合です。

 

本日は2012年8月に新しくなった海外積立投資へ投資された方の事例をご紹介します。

この方、なんとまだ25歳です。

 

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

 

【東京都 会社職員 20代後半男性】

すでに年齢はお伝えしてしまいましたが、この方なんとまだ25歳。

そして今回契約されたのが、

 

金額:USD 1200(約10万円)/月

年数:25年

 

なので、この年齢で将来のことをしっかりと考えているというスバラシイ事例です。

ちなみに以前、22歳でも積立を始められた方がいたので、その方に継いでお若い投資家ということになります。

 

この方のポイントは以下のとおり。

 

・将来のために長期的資産形成ができる仕組み

・増減額など、将来転職など環境が変わった時に柔軟に変更できる(増額の場合は追加申込)

・クレジットカードから引き落としが可能

・すべて日本語で管理ができる

・オンライン画面で諸変更(ポートフォリオ、カード、住所など)ができる

 

実際、すでに積立がスタートし、もうポートフォリオの変更をご自身でネットからされています(笑)。

年齢が若いので、こういったオンライン操作に柔軟だということはたしかにありますが、新しい海外積立投資がとても使い勝手の良いサイトになっているということもあると思います。

 

もう一度おさらいですが、新しい海外積立投資は主に以下の点で改善されています。

 

・最低積立額がUSD 100(約8000円)/月になった

・手数料が安くなった(最大約1.3%程度安い)

・ボーナスの額が増えた

・期間限定でボーナスがつくのではなく、いつでも多いボーナスがもらえるようになった

・完全日本語対応になった

・使えるクレジットカードが増えた(JCB、American Express、Dinersが追加)

・オンライン画面でほとんどの操作ができるようになった

 

あなたにとっても良い点がありましたか?

元々国内の積立商品に比べると利点の多いのが海外積立投資の特徴でしたが、さらに充実したことになりますね。

 

『海外積立投資入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

 

新しい海外積立投資の日本語資料をご希望の方はこちらからご連絡ください。

 

海外積立投資の日本語資料を希望する(無料)

(お問合せ内容に「海外積立投資資料希望」とご入力ください。)

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

前の記事
【第45回】元本確保型ファンドの事例です。【福岡県 会社員 50代後半 男性】
次の記事
【第47回】元本確保型ファンドの事例です。【栃木県 退職者 60代前半 男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー