thumb image

【第42回】5000万円一括のオフショア投資の事例です。【北海道 会社経営者 60代前半 男性】

こんにちは。河合です。

 

本日は地方にお住まいですが、海外の不動産を所有されている方の事例をご紹介します。

投資歴31年の大ベテランが今回選ばれた投資先がオフショアファンドでした。

 

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

 

【北海道 会社経営者 60代前半 男性】

 

なんとこの方、投資歴31年の大ベテランですが、弊社のゴールド会員です。

今までの経験だけでも、外国株、信用取引、SWAP、新規上場株(IPO)、投資信託(ファンド)、外国債券、 私募債、海外銀行の預金、ハワイの不動産などで、要はほぼあらゆる投資を経験されています。

そして今回のご相談が、国内証券会社に預けてある外国債(約5000万円)と投資信託(1000万円)分の運用先 でした。

 

この方はそれぞれ資金使途がハッキリしていて、

A)5000万円は海外にある不動産を維持するための費用を払っていくため、年に1回は金利などで資金が必要

B)1000万円の方は、積極投資をするための資金(これに余裕資金300万円を追加=1300万円)

ということでした。

 

まずA)の資金を運用するには、できるだけリスクが低く安定していて、それでいて金利のつくもの、だったのですが、残念ながら当時の米国債(5000万円)の金利と今の金利が違うため、米ドル建てで当時のような金利の高い債券が世界中にありませんでした(新興国のリスクの高い債券は今回の投資には相応しくない)。

そこでオフショアファンドの中から、英国学生寮に投資をしていて、その賃料収入で成り立っている上下の価格 変動(リスク)の低いファンドを選択し、これを長期で保有しながら、年1回程度一部利益確定をしてそのまま 海外不動産の費用に充てる、という方法を取られました。

 

次にB)の資産ですが、こちらは積極投資ができますが、すでにこの方ご自身が日本株の低迷に嫌気がさして いらしたのと、国内には成績の良いファンドが少ないという理由から、オフショアのマネージド・フューチャーズ 型のヘッジファンドを選択されました(過去の成績における年平均リターンは23.31% ※1)。

※1:2012年7月時点

マネージド・フューチャーズ戦略についてはこちら

 

それぞれの通貨ですが、資金の使途からそれぞれ以下のように。

 

A)GBP – 英ポンド (不動産の費用がUSD支払いだったのでUSDがベストだったのですが、ファンドの特性上GBPが有利だった。)

B)JPY – 日本円 (ここは日本円資産なので為替リスクを避けた。)

 

最後にこの方、金額的にはオフショア資産管理口座もスイスのプライベートバンクも作れるのですが、 定期的に一部解約をご希望なので、コストのことも考えて今回は敢えて作らずにオフショアファンドへ直接投資 することをオススメしました。

 

今回の事例からわかるように、リスクが低くても高い金利が取れる時代は世界中でもう終わってしまいました。

金利を取るには今までにない投資先に投資をするか、ヘッジファンドのようにリスクを抑えながら運用をするしか ないのです。

これは日本の証券会社や銀行で、営業マンが頑張って販売している投資信託の内容や運用成績を見てもわかりますし、 そもそもそのような個別の金融商品を見なくても、世界の景気と統計、指数などマクロを見ればわかるものです。

この状態は残念ながらまだまだ続きます。

今までのようにアメリカ経済やIT革命のような技術革新、中国のような新興国が景気を底上げしてくれる時代も 終わりました。

むこう5年、10年と、今と変わらない(ひょっとしたらもっと景気が悪い)状態だということを仮定して、 今の運用先を見なおしてみましょう。

5年後、今の資産が増えているかどうか?

正直、減っていないだけでもかなりラッキーだと思います。

※本メルマガ登録(無料)はこちら

前の記事
【第41回】BlueCrest社へ投資するファンド
次の記事
【第43回】スイスプライベートバンク口座開設の事例です。【東京都 会社役員 30代後半男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー