thumb image

【第32回】プロの不動産コンサルタントの海外積立投資の事例です。【東京都 不動産コンサルタント 50代前半 男性】

こんにちは。河合です。

 

本日はプロの不動産コンサルタントの方の事例をご紹介します。

この方はもう長年不動産コンサルタントとして、数億円単位の不動産の活用方法をアドバイスしてきている方です。

 

くどいようですが、ご本人からは了解をいただいて、本人と特定できないことを前提にご紹介させていただいています。

 

【東京都 不動産コンサルタント 50代前半 男性】

 

この方は本業が不動産ということで、未活用の土地を使って収益不動産を建て、そこから毎月得られる収益を使っての相続対策や資産設計アドバイスをして来られていました。

そして顧客にさらに踏み込んだ資産設計アドバイスをできないかと思い探していたところ、「海外積立投資」にたどり着いたそうです。

 

スキームはこうです。

 

1)今ある土地を活かしローンを組み収益不動産を作り、毎月の余剰収入を確保する。

2)毎月の不動産収入をそのまま海外積立投資に投資をしていく。

3)年率10%なりの複利運用をしていけば、不動産ローンを本来の倍のスピードで返済することができる。

4)同時に不動産やローンという日本円資産しか持たない日本の地主は、外貨へ資産を分散しておくことができる。

 

また今後ともに事業提携していくために、ちゃんとした業者を探していたそうで、香港含む色々な海外積立投資をしている業者を観て回ったそうです。

香港にも行かれたそうです(笑)。

 

この方曰く「こんないい事ずくめの商品はない」とのこと。

その方が思うメリットをまとめたところ・・・

 

・外貨資産を作っていける(日本円そのものがリスク)

・クレジットカードで毎月自動的に投資ができる

・複利運用効果により、効率的な資産形成ができる

・ドルコスト平均法により、投資リスクをかなり抑えられる

・世界中のあらゆる資産から投資先を選べ、必要があればいつでもポートフォリオを変えられる

・ManAHL(ヘッジファンド)へも投資ができる

 

とおっしゃっていました。

 

またこの活用方法として、将来相続問題を抱えている土地所有者が、海外積立投資で設定できる共同名義を活用し、少しずつ子どもや孫のために積立投資をしながら贈与してくことを考えられています。

※共同名義とはご家族と6人まで共有で保有することができる仕組みこと

 

あなたも不動産活用や海外積立投資を検討されていれば、こちらからいつでもお気軽にご連絡ください。

 

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

 

前の記事
【第31回】 主婦の方が4400万円、オフショア投資された事例です。【東京都 主婦 40代前半 女性】
次の記事
【第33回】5000万円のオフショア資産管理口座活用事例です。【群馬県 司法書士 50代前半 男性】

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

河合圭の無料メルマガ

『最新投資情報』と 『オフショア投資情報』を具体的なファンド名を用いて公開中。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー
海外口座相談バナー
shinshutsu.jpg

メニュー