thumb image

【第7回】スイスのプライベートバンクをご紹介します。

こんにちは。河合です。

 

それではスイスのプライベートバンクをご説明します。前回せっかくオフショア資産管理口座についてご紹介したので、ここではその違いから説明しましょう。

 

1)最低投資金額が5000万円or1億円から

2)日本語堪能な専属の担当者が定期的に日本へ渡航

3)ナンバーアカウント

4)one banking service

5)スイスの金地金投資

6)一任勘定(年率リターン:年3%~)

 

まず1)最低投資金額が5000万円or1億円からです。これからわかるように、彼らのサービスは富裕層と呼ばれる比較的裕福な方たちのみを対象にしています。

 

2)日本人顧客が各銀行に数百人いるということなので、当然のように日本語堪能なスタッフがいます。しかも年3回くらいは日本へ渡航し、顧客が求めれば場所がどこであろうと訪問しているそうです。先日担当者に会った時は「先日は四国の〇〇へ行ってきましたよ」とローカルな話をしていました(笑)。

 

次に3)ナンバーアカウントですが、口座自体に名義人の名前がありません。例えばあなたがプライベートバンク口座を開いたとして、キャッシュカードやクレジットカードの表面を見ると「7736221(例)」と出ています。つまり一見して誰の口座かわからないということです。これを守秘性が高いといいますね。

 

4)one banking serviceというのは、名前のとおり、すべての金融サービスを一つの口座でできてしまいます。例えば投資であれば、預金(マルチカレンシー)、定期、(世界中の)国債購入、(世界中の)株投資、(世界中の)ファンドへの投資、(世界中の)ヘッジファンドへの投資などすべてです。そう、今までこのメルマガでご紹介したすべてのオフショアファンドへ投資することができます。

 

クレジットカードの発行、ローン、M&Aなどもすべて一つの口座、担当者でできてしまいます。日本の金融機関のようにいくつも口座を持って、何人も担当者と会う必要もありません(笑)。

 

5)スイスといえば金地金投資。よくいうゴールドバー(金延べ棒)への投資もできます。スイスのプライベートバンク本店には、それぞれ地価に金貯蔵室があり、そこに顧客ごとに管理されています。

 

最後に6)一任勘定です。一任勘定というと日本では損をする、勝手に売買される、というマイナスイメージが強いですが、スイスのプライベートバンクがする一任勘定はとても優秀です。最も保守的な運用で年3%、そこから5段階で投資先が個別に設定されるようになっています。

 

ただポイントとなるのは現地(スイス)へ渡航しないと口座開設ができません。開設後は担当者が日本に来てくれるので、最初だけ旅行がてらスイスへ行ってみるといいですね。街も人も最も高水準な上に、直接プライベートバンクの本店へ入っていけるのですから、こんなに楽しいことはないと思います。日本の主要都市からの直行便(チューリヒ行)もあるので、ぜひ楽しんできてください。

 

さらにプライベートバンクについて一からしっかり理解しておきたいという方はこちら『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』をダウンロードの上、ご一読ください(無料)。

 

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』無料ダウンロードはこちら

 

次回は日本にはない海外の『積立投資』についてご紹介します。

30代、40代の方必見ですよ。。

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

 

前の記事
【第6回】オフショアの資産管理口座をご紹介します。
次の記事
【第8回】オフショアの「海外積立投資」をご紹介します。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー