thumb image

【第3回】オフショアの元本確保型ファンドです。

こんにちは、河合です。 ​

 

それでは日本人の方に人気の高い「元本確保型」ファンドをご紹介します。

「元本確保型」ファンドというのは、満期の設定をして、 「満期時点で最低限元本が返ってくるように運用します」というファンドです。

なぜそんなことができるかというと、ファンド資産の60%を米国の債券で運用するからです。

満期時にはこの60%の米国債券が100%になることが最初からわかりますので、「元本確保」ができます。

そして残りの40%をヘッジファンドで運用します。

このヘッジファンドの上昇分が、投資家にとって利益となります。

要は「元本確保」をすることで、「減らない安心」を買っておいて、ファンドの上昇分も取ろう、ということです。

 

同様のファンドが国内では三菱UFJ証券で販売されていました。

運用会社はMan Investmentsという会社です。

オフショアでは、この日本人向けに作られたファンドではなく、直接オリジナルのものに投資することができます。

こちらのファンドをご覧ください。

オフショアのMan社で、2003年から運用されている元本確保型ファンドです。

上記サイトからファクトシートが立ち上がらない方は、上記URLをクリックした後、 前回のブログでもご紹介した、STEP1~STEP3をしてください。

 

STEP1)

画面真ん中、 「To access relevant products and services, please select your country」 というところで、「Othter countries」を選択します。

 

STEP2)

「Please select the user type which best describes you:」 というところで、「Inpidual」を選択。

 

STEP3)

ここで一番右下「Accept」を押します。

(毎度この作業をする必要がないように設定するには、STEP3のところで、「Accept」を押す前に、 その真上にある「Remember my country and user type selections」にチェックを入れておくといいです。)

 

今回はこれで「Ahli Man 220 Guaranteed Series 1 Ltd」のファクトシート(運用レポート)が入手できましたね?

これが最も古い元本確保型ファンドとなります。

 

 

例によってすべて英語ですが、見ていただきたいのは2ページ目の中段「Historical Performance」というところです。

一番右の列「YTD(Year To Date)」というのが、毎年の年間のパフォーマンスです。

2009年は14.0%下落してしましたが、2007年、2008年合わせて毎年安定した運用成績をあげています。

「元本確保型」ファンドは、ファンドの仕組み上、満期の設定をしなければいけないので、募集の時にしか投資することができません。

現在募集の元本確保型ファンドを知りたい方はこちらまでどうぞ。 日本語資料も用意しております。

 

次回はいつでも投資できる通常のヘッジファンドをご紹介します。

 

※本メルマガ登録(無料)はこちら

 

前の記事
【第2回】オフショアファンドのパフォーマンス(運用成績)です。
次の記事
【第4回】いつでも投資できるオフショアファンドをご紹介します。

関連記事

リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

入門書(マニュアル)

オフショア投資入門書
海外積立投資入門書
海外口座開設入門書
オフショア資産管理口座入門書
スイスプライベートバンク入門書
元本確保型ファンド入門書
海外仕組債入門書

弊社関連サイト

k2-holdings.jpg
k2-investment.jpg
k2-assurance.jpg
k2-partners.jpg
goldmember_banner.jpg
生命保険相談バナー

メニュー